gan-log

地方中学理科教師/アクティブ・ラーニング/『学び合い』/アドラー心理学/コーチング/

エネルギーと仕事「食べたエネルギーを消費するための仕事の量を求めよう」

 仕事の計算の応用として、摂取カロリーを消費するために必要な仕事の量を計算した。

f:id:soulbomber:20151112223926j:plain

 まず、この日の給食のカロリー数をジュールに直す。818kcal=818000cal=3435600Jだ。

 そして、そのエネルギーを消費するための運動を考える。話を単純にするため、階段ダッシュで消費するエネルギーを計算した。1階から3階までを15mとし、自分の体を持ち上げる=体重分の荷物を持ち上げる、と考えた。体重は個人情報なので、概数でいい(嘘でもいい)と指導。実際と近い数字にした方がより正確な結果が出るよ、と付け加えた。例えば体重45kgならば450N×10m=4500J。階段ダッシュ1回につき4500J/回となる。

 最後に割算。3435600J÷4500J/回=約763回。とてつもない数字だ。実際は、体温維持などの基礎代謝で消費されるエネルギーも多いという話を補足した。