読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

gan-log

地方中学理科教師/アクティブ・ラーニング/『学び合い』/アドラー心理学/コーチング/

力の表し方

中1 物理 理科 学び合い

 「力を矢印で表す」という、シンプルな1時間。課題は以下の通り。

  1. ワークの作図の問題を全て理解する。
  2. ラスト5分の小テスト(3問)を全員が全問正解する。

 課題はかなり少ないが、引っかかりそうな問題も多かったので、まあいいかと思いながらスタート。

f:id:soulbomber:20160131213427j:plain

 しかし、やはり簡単すぎる課題はよくない。時間を持て余す生徒が多いため、間延びする時間が長かった。

 先日の『学び合い』セミナーin群馬の中でも、ある実践者の方が

成績上位の子でもすぐにはできない課題を与えると、「自分が一番最初にできるかも」「あの子でもできない課題があるんだ(だから自分も間違えていい)」という空気になり、『学び合い』が加速する

 というお話をされていた。全員達成ということを重視すると、むしろ課題は簡単に…と思いがちなのだが、それは「生徒は有能である」という生徒観と齟齬をきたしてしまうということだろうか。

 次回は圧力の計算という高難度の単元に入るので、課題のレベルを上げてみよう。