読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

gan-log

地方中学理科教師/アクティブ・ラーニング/『学び合い』/アドラー心理学/コーチング/

10円玉磨き

 1年生は新しい大単元「身のまわりの物質」に入った。1時間目は導入も兼ねて、金属研磨剤「ピカール」でひたすら10円玉を磨く実験を行い、その結果を使って金属光沢について説明する、という課題を与えた。このピカールによる10円玉磨きは、初任校で先輩の先生に教えていただいて以降、毎年のように行っている定番実験。ただひたすら磨くだけの作業なのだが、生徒たちはチャイムが鳴るのも忘れていつまでも磨き続ける。

f:id:soulbomber:20160628230506j:plainf:id:soulbomber:20160628230509j:plain

 フルの『学び合い』にして以来、これまでの一斉授業で鉄板ネタのように使ってきた教材や教え方を完全に封印したものもある。その一方で、この10円玉磨きのように、うまく課題の中に取り入れながら『学び合い』と共存させることも十分可能であると考える。

 しかし、こうして教師側が教材を指定してしまうことで、生徒の自由を制限してしまっているという思いもある。生徒が他の方法で「金属光沢」を説明する機会を奪っている、という葛藤も感じずにはいられない。

ピカール液 500g

ピカール液 500g