読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

gan-log

地方中学理科教師/アクティブ・ラーニング/『学び合い』/アドラー心理学/コーチング/

「青少年のための科学の祭典」に出展して 2年目

 昨年に引き続き、地元の科学館主催の「青少年のための科学の祭典」地方大会に出展した。昨年は同僚の若い先生に協力をお願いしたが、今年は同業者である妻(現在は産休中)に協力をお願いすればいいのだ、ということに気が付いた。

f:id:soulbomber:20161120215443j:plain

 ネタは「発泡入浴剤をつくろう」。重曹クエン酸+食塩に、つなぎとして蜂蜜を加えて混ぜ、固形の入浴剤を作り、その後入浴剤の欠片を手のひらの上に置いて、水を加えて吸熱反応を体感するというもの。春頃に同僚の先生が、2年生の理科の授業で、吸熱反応として炭酸水素ナトリウム(重曹)+クエン酸の実験をしていたことに着想を得た。昨年行った「つまめる水をつくろう」で経験したように、持って帰れるお土産のある実験の方がウケがいいと考えたことも大きかった。

 決して難しい実験ではないので、予算の許す限りの材料を用意するぐらいしかせずに当日を迎えた(Amazon重曹10kg+クエン酸5kgも買ってしまい「一生かかっても使い切れないな」ぐらいに考えていた)。

f:id:soulbomber:20161120215539j:plain

 しかし、私と妻の2人の他に、男子高校生ボランティアの方も2名参加していただいたお陰で、いざ始めてみると回転率が異常に高く、午前中だけで大量の重曹クエン酸を使い切りそうになってしまった。慌てて近くのドラッグストアの重曹クエン酸を買い占め、何とか終了時間30分前までブースを続けることができた。結局重曹だけでも15kg以上を使ったことになり、必要な分量についての見通しが全く立っていなかったことになる。お土産を持って帰ってもらうことはいいが、費用対効果を考えなければならないこと痛感した。

f:id:soulbomber:20161120220232j:plain

f:id:soulbomber:20161120220236j:plain

 今回は長男を実家に預け、妻と2人で出展したが、子供が大きくなったら一緒に家族として出展する、というのは面白そうだ。子供だからと言ってただイベントにお客様として参加するのではなく、運営側としての体験をさせた方がより教育的効果が高いように思う。その日が来るのが楽しみだ。