gan-log

地方中学理科教師/アクティブ・ラーニング/『学び合い』/アドラー心理学/コーチング/

いちご狩りで学ぶ「花のつくりとはたらき」

 月曜日が振替休日だったので、いちごに目がない2歳の長男を連れて県内のいちご狩り施設へ。思えば人生において果物狩りに行くのは初めての経験だったが、今の時代に合わせていろいろと洗練されていて面白かった。

f:id:soulbomber:20170428200648j:plain

f:id:soulbomber:20170428201747j:plain

 ビニールハウスの中はとても清潔で、高設栽培のためにちょうど子供の目の高さにいちごがあって、非常に狩りやすい。いちごが土で汚れることもなく、工夫されていると感じた。

 

f:id:soulbomber:20170428200649j:plain

 いちごの花。いちごの食べる部分は実は偽果で、本物の果実は種に見える粒々の部分、というのは中学理科における有名な小話の1つだ。花をよく見ると、将来いちごになる花床からたくさんのめしべが出ているのがわかる。ということは、いちごは1つの花にめしべがたくさんあるということだろうか?

f:id:soulbomber:20170428201316j:plain

 いちご狩りだと、花から食べられるいちごに至るまでの途中経過を見ることができる。花床の部分が成長して、いちごになっていく過程がとてもわかりやすい。いちごの粒々から出てる短い糸のようなものが、めしべの名残であることに今回初めて気が付いた。

f:id:soulbomber:20170428201840j:plain

 さらに、へたの部分はがくの名残で、へたの裏にある黒い部分はおしべの名残であることにも気が付いた。普段食べるときは意識していなかったが、言われてみるとよくできた仕組みであると感心する。

 

 ちょうど今、中学1年生はこの単元の真っ最中なので、いいネタができた。あまり果物狩りには興味がなかったが、このような観点からいろいろと行ってみるのは面白そうだ。