gan-log

地方中学理科教師/アクティブ・ラーニング/『学び合い』/アドラー心理学/コーチング/

圧力とは何か

 圧力1発目。圧力の概念を理解し、あのややこしい計算ができるようになることが目標。課題は以下の通り。

  1. 力がはたらいている物体どうしの触れ合う面積が変わると、力のはたらきが変わる。それが実感してわかる例を1つ自分で考え、その仕組みを自分の言葉で3人に説明して、納得してもらえたらサインをもらう。

  2. 公式を使って、以下の問題の解き方を理解する。途中計算もかく。「あなたが使っている理科の教科書は、重さが550gで、縦25cm、横20cmである。この教科書を机の上に置いたときの圧力は何Paか」

 1つ目の課題については、やはりシャーペンなどを使って説明する生徒が多かった。中には、たくさん並んだ釘の上に寝っ転がることができることを過去にテレビで見たようで、パソコンで検索して紹介していた生徒もいた。

 2つ目の計算は、長さの単位換算や小数・分数の割算など、引っかかるポイントが多種多様なので、まさに『学び合い』が功を奏したと思う。次回は計算練習。

f:id:soulbomber:20160203222606j:plain

 

広告を非表示にする