読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

gan-log

地方中学理科教師/アクティブ・ラーニング/『学び合い』/アドラー心理学/コーチング/

「とんでもなく役に立つ数学」西成活裕

科学書 学び合い

 

とんでもなく役に立つ数学

とんでもなく役に立つ数学

 

  

 どこかのブログか何かで紹介されていた1冊。同じ著者の「渋滞学」もかつて読んで面白かったので手に取ってみた。
 内容としては、大学の研究室訪問に来た高校生を相手に、数学という学問がどのように実生活の中で使われて役立っているのかを解説するというもの。終盤の「東京マラソンのスタートを最も早く行うには、行列の長さを何mにすればいいか」という問題の解を微分して求めるというのも面白かったのだが、ゲーム理論の1つとして紹介されていた「繰り返しゲーム」が非常に示唆に富んでいた。
 
 あるレストランが新装開店した。料理人の腕が良く、美味しくて大評判。
 ただ、店は予約できず、客席は結構狭い。6人までだったら快適に食事できるけれど、7人になるとぎゅうぎゅう詰め。7人以上のときは、窮屈でイライラが募り、かえって不愉快になってしまう…。

 という条件で、プレーヤーが13人いたとすると、どうすれば13人全員合わせたトータルの満足度(点数)が高くなるか…という実験。得点は、

  • 店に出かけた場合:「客が6人以下→快適に食事できたのでベストの2点」「客が7人以上→窮屈でストレスを感じるので0点」
  • 家にいた場合:「客が6人以下→残念だったということで0点」「客が7人以上→不快感はないので1点」
の4パターンあるとする。そしてその上で、一人一人がとる行動を、
  1. 「自分さえよければいい」バージョン:店に行って食事を楽しめたら、翌日もまた店に行っていい思いをしようとする。家にいたときに店が混んでいて、窮屈な思いをしなくて済んでラッキーだったら、また翌日も家にいる。得点を取ったら次も同じ方法で点を取ろうというスタンス。
  2. 「譲り合い」バージョン:店に行って食事を楽しめたら、翌日は他の人に譲って家にいる。家にいて得点をもらったら、翌日は混んでいるかもしれないけど店に行ってみる。勝ち続けようとせず、得点をもらったら、次は他人に勝ちを譲るというスタンス。

 の2バージョンでそれぞれゲームを繰り返すと、わずか10日程度で有意な差が現れ、「譲り合い」バージョンの方が合計得点が高くなるのだという。

 
 1回きりのゲームでは多くの場合譲った方が損をするのだけれど(ex.囚人のジレンマ)、それが繰り返される場合は、利他的にふるまった方が社会全体がより幸せになる。実際に、著者が専門とされている渋滞学においても、「ちょっと我慢して譲り合った方が全体がスムーズに流れる」という場面が多々見られるらしい。
 
 この結論はまさに『学び合い』そのものである。「譲り合いの心を持ちましょう」(『学び合い』でいうところの「一人も見捨てない」)というのは”徳”ではなく”得”だということが、こうして科学的に実証されるというのは、教師の語りとはまた違った角度からの説得力を持たせることができるのではないだろうか。この実験、授業開きで実際にクラス全員でやってみると面白いかも(数学の先生は特に)。
 
渋滞学 (新潮選書)

渋滞学 (新潮選書)

 

 

アクティブ・ラーニングの対義語=一斉授業?

学び合い 理念
 一足早く卒業した3年生に続き、1年生も全授業が終了した。今考えているのは、アクティブ・ラーニング(『学び合い』)の対義語=一斉授業と言われるけれど、本当にその発想でいいのか?ということだ。
 
 そもそもは、3年生のアンケートの中で行った「『学び合い』と一斉授業のどちらがいいですか?」という問い方に違和感を感じたことが発端だった。例えば、もし生徒全員が主体的に一斉授業という方法を選んだのであれば、「見た目は一斉授業だけどめっちゃアクティブ」という状態だって成立するはずだ。そう考えると、生徒の意見をあまり反映させず、教師側からあれこれ制限を加えていた『学び合い』は、見た目こそ違うが一斉授業の一種とも言える。どんな方法であれ、教師側から全員一律に方法を指定してしまった瞬間にそれは一斉授業だということになるのではないか。
 実際、今年度当初は黒板をほとんど書いていなかったが、生徒からの要望が多かったので年度途中から板書をするようになった。最初は「板書なんて”一斉授業的”なことを今更するのは…」と抵抗があったのだが、それはつまり「黒板を写しちゃダメ」という方法を”一斉”に指定してしまっていたことになる。しかし、「私は黒板を写すのが最も合った勉強法なんです」という生徒の存在も認めなければならないということに気付き、授業の最初5~10分程度を使って板書をするようになった(余裕があるときは休み時間のうちに書いてしまうし、違うクラスで同じ内容の授業が連続である場合は消さずにそのまま残したりしているので、そんなに負担も大きくない)。実際に黒板を写す生徒は少ないが、板書があることに安心感を覚えるのか、多くの生徒に好評である。板書することに抵抗があったのは、「『学び合い』の授業のあるべき姿はこうでないといけない!」と考えていた教師側のただのエゴだったと言う他ない。
 
 『学び合い』の授業は、従来型の授業と形態が大きく異なるせいで、生徒にとっては戸惑う部分が大きいということは多くの実践者の方々が口にされているし、自分自身も強く感じてきたことだ。失敗本の中にも「先生が何もしてくれない」「先生が冷たくなった」という印象を持たれた、という内容があったが、「一人一人に合った方法を選べる」のが『学び合い』なのだから、むしろ”ユーザーフレンドリー”だと言えるはずなのだ。方法や進度などは生徒一人一人が主体的(=アクティブ)に選び取れば、その結果自然と『学び合い』の形になる、という考え方の方が、生徒にとっては理解しやすいのではないか。今年度初めの語りでは、主にキャリア教育的な視点から『学び合い』の有用性を語ったが、生徒にとっては「一人一人に合った学び方を選択できるのが『学び合い』だよ」という切り口で語った方がしっくり来るのかも知れない。もちろんキャリア教育的な視点は教師側にも生徒側にも欠かせないので、機会ある度に語ることは必要だとは思うが、いきなりそこから入っても生徒にとってはピンとこない可能性がある。だから、「一人も見捨てないために、選択の自由を保障するよ」と語った方が生徒にとって抵抗が少ないのではないか。新年度初めの語りでは、そういった切り口からやってみようと思う。
 
私は『学び合い』にこれで失敗し、これで乗り越えました。

私は『学び合い』にこれで失敗し、これで乗り越えました。

 

 

卒業式を終えて

中3 行事 学級経営

 気付けば卒業式が終わって1週間以上が経ってしまっていた。まだ残っている1年生の授業や部活動は当然ながらこれまで通りだが、担任しているクラスがないというのはこれほどまでに時間が経つのが早いのかと思う。早くもたまに卒業生が学校に遊びに来たりするが、「何かもう卒業式が大昔のことみたいじゃね?」という話をしている。

 今年度は初めての2年連続同学年担任、しかも3年生ということで、前年度よりもさらにレベルアップする1年にしたいという思いで臨んだ。1年間の流れが見えているせいか、時間の進むスピードが早く、感覚的には去年の半分くらいで終わってしまったような気さえする。

 

 このクラス(というか今年度)は、4月当初からずっとフルの『学び合い』を実践した初めての1年だったという意味で、感慨深いものがある。アンケートの結果などからも見えてくる通り、『学び合い』の授業の進め方自体にはいろいろと反省点は多いので、近いうちにきちんと言語化して新年度に活かしていかなければならないことはもちろんだが、学級経営そのものを『学び合い』の考え方で貫くことができたことが最も大きかった。

  1. 子ども(学習者)は有能である」という子ども観
  2. 「学校は、多様な人との関わり合いながら自らの課題を達成していく経験を通して、その有効性を実感し、より多くの人が自分の仲間であることを学ぶ場である」 という学校観

という”観”が、ただの言葉ではなく自分の中で腹に落ちてきたことで、教師としての体幹が安定してきたような気がする。しかし、それらの”観”を本当に子どもたちから信頼を得られるレベルまで体現できているか…と考えると疑問も残る。

 いずれにせよ、突然やってきた担任が、これまでにあんまり聞いたことのない考え方で授業や学級運営を行ったにも関わらず、理解を示してくれた子どもたちのおかげで、この1年を乗り切ることができたことは間違いない。そんな彼ら彼女らの残してくれた意見を真摯に受け止め、きちんと脳内を整理して、新年度に臨みたい。

授業アンケート

学び合い

 県立高校入試を前にして、3年生の授業が一足早く終了。最後の授業では、1年間『学び合い』の授業で頑張ってくれたことへのお礼と、4月最初の授業で行った語りと同じようなを今一度サラッとおさらいするように語った(多くの生徒たちにとっては目前に県立高校入試が迫っているので、あまり長い時間はかけられなかった)。その後アンケートを配布し、1年間の『学び合い』の授業について忌憚のない意見を書いてもらった。

 アンケートにザッと目を通すと、『学び合い』を支持する声がもちろん多いものの、従来型の授業がいいという声もあるし、『学び合い』支持者の中にも「もっとこうしてほしい」という意見が見られた。今思い返せば、こうしてきちんとしたアンケートという形で生徒たちの意見を聞くということ自体、ほとんどしてこなかった。それは要するに「アンケートの結果を直視したくない」という身勝手な考えがあったからではないかと言われても否定できない。

 よく「『学び合い』を方法論として捉える」と失敗すると言われるが、自分の場合はさらにもう何段階か始末の悪い「とにかく授業改革する」ことや「自己満足」レベルに留まっていたのかも知れない。

 

 新年度の授業開きまで1ヶ月。そして1年生の授業は残り2週間ある。アンケートの内容をよく読みながら、まずは今すぐできることから始めていきたい。

微生物による有機物の分解

理科 生物 教材

 中学校理科の最後の最後に登場する実験。サブ的な扱いの実験で、かつ毎年年度末の入試前後の時期に当たるのであまりきちんとやってこなかった実験なのだが、課題が早く終わった班の数名の生徒が自主的に取り組んだ。

 校舎裏の土を適当に採取して、教科書の指示通り布で濾した後、デンプン溶液を入れた。

f:id:soulbomber:20170219004115j:plain

f:id:soulbomber:20170219004146j:plain

 指導書には「20~30℃で2~3日」とあったが、特に温度管理などせずにストーブの近くに5日間ほど置いてみたところ、ヨウ素液による色の変化がはっきりと出た。

f:id:soulbomber:20170219004344j:plain

 冬場だし、あまりいい結果が出ないんじゃないかと勝手な先入観を抱いていたが、こんなに簡単にできるとは思わなかった。今年度はこうして生徒が自主的な実験に取り組むので、いろいろと新しい発見がある。これまで「この実験はやろう」「この実験は止めとこう」と教師側の都合で選別していたが、それは生徒にとっての学びのチャンスを摘み取っていたのだと思い知った。

 

 最後に教科書通りに煮沸殺菌をしたところ、モヤモヤとした土の成分の動きによって対流の様子がわかるという思わぬ副次的効果まであった。

f:id:soulbomber:20170219004852j:plain

I can't live without you

学級経営 内田樹

 いつの間にやら2月に入り、担任しているクラスの卒業式までの授業日は残り30日を切った。今担任しているクラスは、授業を担当している複数のクラスの中で、最も『学び合い』の考え方が浸透しているクラスである。週に数回しかない理科の授業だけでなく、日々の学級活動の中で担任としての考え方を伝えているので、当然と言えば当然かも知れない。しかし、突然飛び込みでやって来た得体の知れない担任の、初めて体験するようなちょっと変わった授業に対して、1年間に渡って理解を示して力を尽くしてきたのだから、担任として感謝の気持ちしかない。

 この時期になると、年度末の生徒会誌やPTA広報誌に載せるため、クラス全員で寄せ書きを書くように要請が来る。デザインなどの大枠作りは既に進路が決まった生徒にお願いし、受験勉強の合間を縫って各自が自分の欄を埋めていく。

f:id:soulbomber:20170202225923j:plain

 こういった寄せ書きには「楽しかった」とか「ありがとう」などといった言葉は割と定番だが、今年は「ごめんなさい」と書いてある生徒が多いことが印象に残った。もちろん深刻な「ごめんなさい」ではなく、日常のちょっとしたことに対する「ごめんなさい」なのだが、個人的にこういった寄せ書きではあまり見たことがなく、あまり似つかわしくない言葉では?と一瞬思ってしまったのだった。

 しかし、「ごめんなさい」が言えるということは、自分が助けてもらった、迷惑をかけたという自覚があり、その事実を認めることができている、ということに他ならない。ある先生が、「コミュニケーション能力を一言で表すと?」という問いに対して「いつでも誰にでも『ありがとう』『ごめんなさい』が言える力」だと答えていて、あまりにも正鵠を射た表現に目から鱗が落ちた経験がある。そういう意味で、衒いもなく「ごめんなさい」と言えるということは、「ありがとう」以上に成熟した人間関係を表しているのではないかと思えたのだ。

 

 「誰にも頼らずに自分で何でもできる、100%自己決定をするスタンドアローンな生き方をする」ことが大人だと思われがちだが、逆に「I can't live without you」の"you"にどれだけたくさんのメンバーをリストアップできるかが大人の要件であり、社会的な成熟度や能力の指標である、というのは内田樹先生の常套句である(「ひとりでは生きられないのも芸のうち」というご著書があるくらいだ)。「私は誰にも『ありがとう』も『ごめんなさい』も言わなくてもいい人生を送るぜ」という生き方は一見カッコいいように思えるけど、それは裏を返せば「私は誰からも『ありがとう』も『ごめんなさい』を言ってもらえない」生き方をする、ということだ。そういう意味で、「ありがとう」「ごめんなさい」が自然と言えるクラスというのは、『学び合い』的にも一つのゴールなのかも知れない。

 

 …というようなことを、明日久々に学級通信に書こう、と思いながら寝ることにする。

 

ひとりでは生きられないのも芸のうち (文春文庫)

ひとりでは生きられないのも芸のうち (文春文庫)

 

 

リヒテルズ直子氏講演会&ワークショップに参加して

研究会

 2週連続大阪遠征2日目。箕面子どもの森学園で行われたリヒテルズ直子氏講演会&ワークショップに参加。箕面子どもの森学園に行くのも初めてだったし、阪急千里線に乗るのも初めてだった。北千里駅からちょっと歩けば着くかな、と思ってたら思い切り逆方向に結構な距離を歩いてしまっていた。学園のHPに掲載されている道案内が非常に役立った。

kokucheese.com

f:id:soulbomber:20170130213133j:plain

 リヒテルズ直子先生については、つい最近苫野一徳先生との共著「公教育をイチから考えよう」を読んだだけ、という極めて不勉強な状態で当日を迎えた。参加者の方々はオランダのイエナプラン教育に興味を持って学ばれたり実践されている方々が多く、こういったコミュニティが存在することが自分にとって新たな発見だった。前日のNEXT教育フォーラム同様、現場の先生以外の方々が半分以上を占めていたように思う。

 

 講演は今のヨーロッパでの教育の現状についてのお話から始まり、途中からイエナプラン教育の実践例として模擬授業形式のワークショップが行われた。内容はロールプレイを取り入れた道徳やディべートで、それら自体は日本でも決して珍しいものではなく、やってる先生はやってるよな…という印象を受けた。しかし、あくまでも先進的な取り組みとして一部の先生方が個人的に行っていることが多く、組織的・体系的に行われていることは少ない。また、大学での教員養成課程でこういった実践を学ぶこともほとんどないだろうし、さらに現場に出てからOJTとしてキャッチアップできるような機会が十分保証されている訳でもない(こうして時間とお金をかけて自分から学ぶしかない)。結局、ここでも前日のNEXT教育フォーラム同様、「教師が多忙で余裕がない」という現実にぶち当たることになる。

 

 また、講演の終盤でワールドオリエンテーションによる授業の進め方についても紹介され、マインドマップからテーマとなる課題を選ぶ場面で、教師は学習指導要領を熟知しているという立場から、子どもたちが必ず学ばなければならないことを学べるように配慮をする、というお話があった。しかし、中学生にとって大切なのは「学習指導要領の要件を満たしているか」ではなく「テストや入試で点が取れるか」だよな…と感じてしまった。アクティブ・ラーニングも含め、こうした授業形態に興味・関心を持ち、実践してみたいと考えている現場の先生方は決して少ない訳ではなく、むしろ多数派ではないかと思う。しかし、受験で点を取らせることを優先させねばならない現状から、旧態依然とした授業から抜け出せないという現実があるのかも知れない。前日のNEXT教育フォーラムでも、現役の高校生が「今の5教科の授業はあまり好きではない。『正解がない課題』に取り組みたい!」と発言されていたが、「先生だってそうしたいけど、現実はね…」という思いを抱いた現場の先生方は多いのではないだろうか。

 

 つまり、今の教育現場が抱える様々な問題の原因は、突き詰めていけば

  • 教師が多忙で余裕がない
  • 受験で点を取らせなければならない

という2点に収束していくのではないだろうか。そういう意味で、教師の多忙化について親玉的存在の部活動という制度を有し、高校入試という極めて重大な進路選択を控える中学校の現場が、最もその歪みが大きいと言えるのかも知れない。

 逆に言えば、その2点が改善の道を歩んだ場合、カリキュラムや授業形態の改革は、意外と加速度的に広まっていくのではないだろうか。実際に、部活動の休養日を増やすなどといった具体的な改善策は徐々に示されつつあるし、いよいよ入試改革も行われようとしている。時代の趨勢は確実に追い風であると言える。

 もちろん、外部から変えてもらうのを待つのではなく、現場でできることはどんどんしていかなけれればならないのは言うまでもない。教師の業務を精選したり、生産性を向上させていって、多忙化を軽減していくことは急務だろう。また、現行の入試制度で点を取らせつつ、かつアクティブ・ラーニングを実践していくためには、『学び合い』は一つの答えではないかと思う。

 

 …といったような取り留めもない感想を懇親会でリヒテルズ直子先生に直接お伝えし、さらに「じゃあオランダの教師の勤務形態や受験制度ってどうなっているんですか?」とあまつさえ質問までしたところ、「それはぜひ本を読んでくださいね」とアドバイスをいただいてしまった。おっしゃる通り、勉強が足りませんね。

 

 今回の大阪2日間は、普段とは異なり現場の外からたくさん刺激をいただいた。昔は「学校を民間と同じにしちゃいかんよな」という聖域観のような感覚を抱いていたけど、そういう二項対立的な単純な話ではないということにやっと気付けてきたように思う。そうした新たな視点から、日々の実践を見つめ直していきたい。

 

公教育をイチから考えよう

公教育をイチから考えよう