読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

gan-log

地方中学理科教師/アクティブ・ラーニング/『学び合い』/アドラー心理学/コーチング/

「振り返りジャーナル」クラス編

 

「振り返りジャーナル」で子どもとつながるクラス運営 (ナツメ社教育書ブックス)

「振り返りジャーナル」で子どもとつながるクラス運営 (ナツメ社教育書ブックス)

 

 

 いろいろなブログ等で、特に『学び合い』を実践されている方々の多くが、4月からこの「振り返りジャーナル」に取り組まれているという内容の記事をよく見る。この本がちょうど2月に発売されたことで、新年度から取り組もうという機運が高まったのだろう。

 昨年度までも、「振り返りジャーナル」に近いことは毎年のように行ってきた。勤務校には「生活ノート」という”連絡帳兼日記帳”のようなものがあり、毎日日記を書いて朝の会で提出することになっている。他のクラスや学年と足並みを揃えるためにも、この既存の「生活ノート」のシステムを「振り返りジャーナル」に応用することとした。

 

 「振り返りジャーナル」では、”帰りの会で書いて提出→翌日返却”というルーティーンが良いとされているが、生活ノートは連絡帳も兼ねているので帰りの会で回収はできない。そこで、”帰りの会で書く→翌日の朝の会で回収”という、従来と同じルーティーンのままで行うことにした。本来ならば書いた内容に対してすぐにレスポンスを返すべきなのだろうが、致し方ない。

 帰りの会は10分間しかないので、5分連絡+5分振り返りというのが基本。入学直後という配布物や連絡事項が膨大なこの時期でも、できることは朝の会のうちに済ませてしまうなどの工夫をすることで、振り返りのための時間を何とか3分は確保できている。元々帰りの会で教師が長々と話をしたりするのは抵抗があったので(特に中学校は直後に部活動もあるし)、帰りの会カリカリとペンの音だけが聞こえる時間を数分間設けることができるというのは、落ち着いた1日の締めくくりという点でも意義が大きいと感じている。また、なかなか書くことに慣れていない生徒も、クラス全体が集中して書いているという雰囲気に感化されてペンを動かそうするという効果もある。

 

 振り返りのテーマは、朝の時点でホワイトボードに書いて黒板に吊しておく。この約2週間で設定したテーマは、

  • 最初の2日間を終えて
  • 担任の先生に言いたいこと、聞きたいこと
  • このクラスの印象
  • 部活動体験入部の中間報告
  • 担任が出張の日のクラスの様子
  • 1週間を振り返って(金曜日はこのテーマで統一する予定)

 などなど。今のこの時期はネタに困らないが、1年間継続しているかどうかは自分自身の課題だと感じている。

 

 朝の会で回収したノートは、空き時間に目を通してコメントを書く。約30人のクラスで、かかる時間は約20分。これまでと自分自身の意識が最も大きく変わったのは、やはりこのコメントの部分だ。昨年度までもコメントを書いていたけれど、妙に説教臭いコメントをしていたように思う。極端に言うと「コメントで担任としての考えを伝えよう」「コメントで生徒を変えよう」としていたということだ。しかし考えてみれば、下手なことを書くと担任から反論や説教のコメントが返ってくるのに、意欲的に書こうとする生徒はいないに決まっている。

  そこで今年度は、本に書いてあったように「うんうん!」「そうかー」「せやな!」みたいな全肯定するコメントを意識的に書くようにしている。長々と書くのに比べてコメントに要する時間が短縮されたのはもちろんだが、それ以上に大きかったのは、そういうコメントを書いている以上、直接子どもたちと関わるときも自然と同じような言葉がけになる、という点だ。「始めに言葉ありき」で、その言葉によって自分自身が主体変容していくのを少しずつだが実感しつつある。

 

 まだまだ手探りではあるが、1年間続ける価値があることは間違いないと感じている。小学校での取り組み例が多いので、中学校での具体的な実践例について、他の実践されている先生方のお話も聞いてみたい。

学級開きを終えて

 木曜日に入学式・始業式があり、木・金と慌ただしい2日間を過ごした。今年度は4年振りの1年生担任。担任4人のうち、自分以外の3人は今年異動して来られた先生方なので、学校のルールやシステムを把握しているのは自分だけという立場での学級開きとなった。とは言っても、自分自身も4年前に移動したばかりの立場でバタバタと1年生の担任がスタートしたので、1つ1つ他の担任の先生方と確認しながら進めていった。逐一丁寧に生徒に伝えなければならない大変さを懐かしく感じると同時に、ここ最近はに勝手をよく知っていた2・3年生にどれだけ助けられていたのかということを痛感した。

 

 今回の学級開きに際して、特に意識・実践しているのは以下の2つ。

教師ー生徒間の”縦糸”の関係の強化

 昨年度は『学び合い』を通して「一人も見捨てない」ことを生徒に語る中で、生徒ー生徒間の”横糸”を強化することを意識する一方で、教師ー生徒間の”縦糸”はむしろ邪魔になるのではないか…と考えていた。しかし、「一人も見捨てない」ことを語る主体である教師が信頼されない限り、”横糸”は強くならないという意識が昨年度途中から芽生え出した。

 今年度は1年生ということもあり、最初の2日間はいかに子どもたちとポジティブな関係を構築するかにエネルギーを注いだ。それ自体はもちろんこれまでもやってきたことではあるが、これまでは「今は様子見だけど、いつから締め始めるか」という指導のための前振りのような意味合いが強かったように思う。そういう打算的な目的ではなく、どこまで本気で子どもたちを愛して信頼できるかという自分自身の課題に向き合う覚悟が問われている。

 

振り返りジャーナルの実践 

「振り返りジャーナル」で子どもとつながるクラス運営 (ナツメ社教育書ブックス)

「振り返りジャーナル」で子どもとつながるクラス運営 (ナツメ社教育書ブックス)

 

  春休み中に読んだこの本を参考に、毎日の実践として振り返りジャーナルに挑戦してみたい。昨年度までも「ただの日記」のようなものは毎日行っていたが、テーマを提示した上でキチンと帰りの会に3~5分程度静かに書くためだけの時間を設けるという形で進めていきたい。他の学級との兼ね合いで難しい部分もあるが、うまくアレンジして足並みが乱れないような工夫も欠かせない。

 

 明日月曜日からは授業が始まる。我が県では教科担任の”縦持ち”が一般的だが、今年度は1年生4クラス全ての理科の授業を全て担当させてもらえることになったので、学年全体の子どもたちと『学び合い』の考え方で一貫した関係を作っていきたい。授業開きが楽しみで仕方がない。

f:id:soulbomber:20170409225711j:plain

「とんでもなく役に立つ数学」西成活裕

 

とんでもなく役に立つ数学

とんでもなく役に立つ数学

 

  

 どこかのブログか何かで紹介されていた1冊。同じ著者の「渋滞学」もかつて読んで面白かったので手に取ってみた。
 内容としては、大学の研究室訪問に来た高校生を相手に、数学という学問がどのように実生活の中で使われて役立っているのかを解説するというもの。終盤の「東京マラソンのスタートを最も早く行うには、行列の長さを何mにすればいいか」という問題の解を微分して求めるというのも面白かったのだが、ゲーム理論の1つとして紹介されていた「繰り返しゲーム」が非常に示唆に富んでいた。
 
 あるレストランが新装開店した。料理人の腕が良く、美味しくて大評判。
 ただ、店は予約できず、客席は結構狭い。6人までだったら快適に食事できるけれど、7人になるとぎゅうぎゅう詰め。7人以上のときは、窮屈でイライラが募り、かえって不愉快になってしまう…。

 という条件で、プレーヤーが13人いたとすると、どうすれば13人全員合わせたトータルの満足度(点数)が高くなるか…という実験。得点は、

  • 店に出かけた場合:「客が6人以下→快適に食事できたのでベストの2点」「客が7人以上→窮屈でストレスを感じるので0点」
  • 家にいた場合:「客が6人以下→残念だったということで0点」「客が7人以上→不快感はないので1点」
の4パターンあるとする。そしてその上で、一人一人がとる行動を、
  1. 「自分さえよければいい」バージョン:店に行って食事を楽しめたら、翌日もまた店に行っていい思いをしようとする。家にいたときに店が混んでいて、窮屈な思いをしなくて済んでラッキーだったら、また翌日も家にいる。得点を取ったら次も同じ方法で点を取ろうというスタンス。
  2. 「譲り合い」バージョン:店に行って食事を楽しめたら、翌日は他の人に譲って家にいる。家にいて得点をもらったら、翌日は混んでいるかもしれないけど店に行ってみる。勝ち続けようとせず、得点をもらったら、次は他人に勝ちを譲るというスタンス。

 の2バージョンでそれぞれゲームを繰り返すと、わずか10日程度で有意な差が現れ、「譲り合い」バージョンの方が合計得点が高くなるのだという。

 
 1回きりのゲームでは多くの場合譲った方が損をするのだけれど(ex.囚人のジレンマ)、それが繰り返される場合は、利他的にふるまった方が社会全体がより幸せになる。実際に、著者が専門とされている渋滞学においても、「ちょっと我慢して譲り合った方が全体がスムーズに流れる」という場面が多々見られるらしい。
 
 この結論はまさに『学び合い』そのものである。「譲り合いの心を持ちましょう」(『学び合い』でいうところの「一人も見捨てない」)というのは”徳”ではなく”得”だということが、こうして科学的に実証されるというのは、教師の語りとはまた違った角度からの説得力を持たせることができるのではないだろうか。この実験、授業開きで実際にクラス全員でやってみると面白いかも(数学の先生は特に)。
 
渋滞学 (新潮選書)

渋滞学 (新潮選書)

 

 

アクティブ・ラーニングの対義語=一斉授業?

 一足早く卒業した3年生に続き、1年生も全授業が終了した。今考えているのは、アクティブ・ラーニング(『学び合い』)の対義語=一斉授業と言われるけれど、本当にその発想でいいのか?ということだ。
 
 そもそもは、3年生のアンケートの中で行った「『学び合い』と一斉授業のどちらがいいですか?」という問い方に違和感を感じたことが発端だった。例えば、もし生徒全員が主体的に一斉授業という方法を選んだのであれば、「見た目は一斉授業だけどめっちゃアクティブ」という状態だって成立するはずだ。そう考えると、生徒の意見をあまり反映させず、教師側からあれこれ制限を加えていた『学び合い』は、見た目こそ違うが一斉授業の一種とも言える。どんな方法であれ、教師側から全員一律に方法を指定してしまった瞬間にそれは一斉授業だということになるのではないか。
 実際、今年度当初は黒板をほとんど書いていなかったが、生徒からの要望が多かったので年度途中から板書をするようになった。最初は「板書なんて”一斉授業的”なことを今更するのは…」と抵抗があったのだが、それはつまり「黒板を写しちゃダメ」という方法を”一斉”に指定してしまっていたことになる。しかし、「私は黒板を写すのが最も合った勉強法なんです」という生徒の存在も認めなければならないということに気付き、授業の最初5~10分程度を使って板書をするようになった(余裕があるときは休み時間のうちに書いてしまうし、違うクラスで同じ内容の授業が連続である場合は消さずにそのまま残したりしているので、そんなに負担も大きくない)。実際に黒板を写す生徒は少ないが、板書があることに安心感を覚えるのか、多くの生徒に好評である。板書することに抵抗があったのは、「『学び合い』の授業のあるべき姿はこうでないといけない!」と考えていた教師側のただのエゴだったと言う他ない。
 
 『学び合い』の授業は、従来型の授業と形態が大きく異なるせいで、生徒にとっては戸惑う部分が大きいということは多くの実践者の方々が口にされているし、自分自身も強く感じてきたことだ。失敗本の中にも「先生が何もしてくれない」「先生が冷たくなった」という印象を持たれた、という内容があったが、「一人一人に合った方法を選べる」のが『学び合い』なのだから、むしろ”ユーザーフレンドリー”だと言えるはずなのだ。方法や進度などは生徒一人一人が主体的(=アクティブ)に選び取れば、その結果自然と『学び合い』の形になる、という考え方の方が、生徒にとっては理解しやすいのではないか。今年度初めの語りでは、主にキャリア教育的な視点から『学び合い』の有用性を語ったが、生徒にとっては「一人一人に合った学び方を選択できるのが『学び合い』だよ」という切り口で語った方がしっくり来るのかも知れない。もちろんキャリア教育的な視点は教師側にも生徒側にも欠かせないので、機会ある度に語ることは必要だとは思うが、いきなりそこから入っても生徒にとってはピンとこない可能性がある。だから、「一人も見捨てないために、選択の自由を保障するよ」と語った方が生徒にとって抵抗が少ないのではないか。新年度初めの語りでは、そういった切り口からやってみようと思う。
 
私は『学び合い』にこれで失敗し、これで乗り越えました。

私は『学び合い』にこれで失敗し、これで乗り越えました。

 

 

卒業式を終えて

 気付けば卒業式が終わって1週間以上が経ってしまっていた。まだ残っている1年生の授業や部活動は当然ながらこれまで通りだが、担任しているクラスがないというのはこれほどまでに時間が経つのが早いのかと思う。早くもたまに卒業生が学校に遊びに来たりするが、「何かもう卒業式が大昔のことみたいじゃね?」という話をしている。

 今年度は初めての2年連続同学年担任、しかも3年生ということで、前年度よりもさらにレベルアップする1年にしたいという思いで臨んだ。1年間の流れが見えているせいか、時間の進むスピードが早く、感覚的には去年の半分くらいで終わってしまったような気さえする。

 

 このクラス(というか今年度)は、4月当初からずっとフルの『学び合い』を実践した初めての1年だったという意味で、感慨深いものがある。アンケートの結果などからも見えてくる通り、『学び合い』の授業の進め方自体にはいろいろと反省点は多いので、近いうちにきちんと言語化して新年度に活かしていかなければならないことはもちろんだが、学級経営そのものを『学び合い』の考え方で貫くことができたことが最も大きかった。

  1. 子ども(学習者)は有能である」という子ども観
  2. 「学校は、多様な人との関わり合いながら自らの課題を達成していく経験を通して、その有効性を実感し、より多くの人が自分の仲間であることを学ぶ場である」 という学校観

という”観”が、ただの言葉ではなく自分の中で腹に落ちてきたことで、教師としての体幹が安定してきたような気がする。しかし、それらの”観”を本当に子どもたちから信頼を得られるレベルまで体現できているか…と考えると疑問も残る。

 いずれにせよ、突然やってきた担任が、これまでにあんまり聞いたことのない考え方で授業や学級運営を行ったにも関わらず、理解を示してくれた子どもたちのおかげで、この1年を乗り切ることができたことは間違いない。そんな彼ら彼女らの残してくれた意見を真摯に受け止め、きちんと脳内を整理して、新年度に臨みたい。

授業アンケート

 県立高校入試を前にして、3年生の授業が一足早く終了。最後の授業では、1年間『学び合い』の授業で頑張ってくれたことへのお礼と、4月最初の授業で行った語りと同じようなを今一度サラッとおさらいするように語った(多くの生徒たちにとっては目前に県立高校入試が迫っているので、あまり長い時間はかけられなかった)。その後アンケートを配布し、1年間の『学び合い』の授業について忌憚のない意見を書いてもらった。

 アンケートにザッと目を通すと、『学び合い』を支持する声がもちろん多いものの、従来型の授業がいいという声もあるし、『学び合い』支持者の中にも「もっとこうしてほしい」という意見が見られた。今思い返せば、こうしてきちんとしたアンケートという形で生徒たちの意見を聞くということ自体、ほとんどしてこなかった。それは要するに「アンケートの結果を直視したくない」という身勝手な考えがあったからではないかと言われても否定できない。

 よく「『学び合い』を方法論として捉える」と失敗すると言われるが、自分の場合はさらにもう何段階か始末の悪い「とにかく授業改革する」ことや「自己満足」レベルに留まっていたのかも知れない。

 

 新年度の授業開きまで1ヶ月。そして1年生の授業は残り2週間ある。アンケートの内容をよく読みながら、まずは今すぐできることから始めていきたい。

微生物による有機物の分解

 中学校理科の最後の最後に登場する実験。サブ的な扱いの実験で、かつ毎年年度末の入試前後の時期に当たるのであまりきちんとやってこなかった実験なのだが、課題が早く終わった班の数名の生徒が自主的に取り組んだ。

 校舎裏の土を適当に採取して、教科書の指示通り布で濾した後、デンプン溶液を入れた。

f:id:soulbomber:20170219004115j:plain

f:id:soulbomber:20170219004146j:plain

 指導書には「20~30℃で2~3日」とあったが、特に温度管理などせずにストーブの近くに5日間ほど置いてみたところ、ヨウ素液による色の変化がはっきりと出た。

f:id:soulbomber:20170219004344j:plain

 冬場だし、あまりいい結果が出ないんじゃないかと勝手な先入観を抱いていたが、こんなに簡単にできるとは思わなかった。今年度はこうして生徒が自主的な実験に取り組むので、いろいろと新しい発見がある。これまで「この実験はやろう」「この実験は止めとこう」と教師側の都合で選別していたが、それは生徒にとっての学びのチャンスを摘み取っていたのだと思い知った。

 

 最後に教科書通りに煮沸殺菌をしたところ、モヤモヤとした土の成分の動きによって対流の様子がわかるという思わぬ副次的効果まであった。

f:id:soulbomber:20170219004852j:plain